合格実績に騙されるな!医学部予備校の選び方!

★医学部に合格するためには自分の目標に合った予備校選びを!!★

近年、医学部を受験する生徒が増えている中でやはり現役で合格するのがベストですよね。医学部を現役で合格していった先輩たちはどのようなポイントをしっかりと押さえていたのかとても気になるところです。ここでは合格を勝ち取るためのポイントをご紹介しています。

現役で合格するための参考にしてください。まず現役合格のポイントと聞くと勉強法などを想像する人が大半だと思います。しかし、医学部を目指すライバルたちは皆それなりの勉強をしています、合格していった先輩達と惜しくも不合格で浪人してしまった人の違いは何でしょう?それは自分の目指す道(目標)をはっきりと定めているかどうかです。現状、医学部受験は中学生のころから目標を定め、医学部予備校などに通い合格を目指す人も少なくない時代です。

そこで大きなポイントとしては自分が国公立に進みたいのか私立に進みたいのかだけでも通う医学部予備校や医学部コースが明確に異なってきます。医学部予備校と聞くと浪人生のイメージがあると思いますが、最近では中学生や高校生で通う人が増加しています。これは早い段階で明確な目標を定め計画的に偏差値を上げて合格を勝ち取るという流れを多くの受験生が費用対効果が良いと感じているからでしょう。

実際に早い段階から勉強した人には敵わないですし、医学部に受かるための専門的な訓練を早い段階に肌で感じることができるわけなので合格率が上がるのも納得です。医学部予備校の学費は予備校によって様々ですが年間100万円前後から1000万円前後まで幅があります。

受験業界の中でも学費は群を抜いて高いことがわかります。なので、なるべく早い段階で目標を定め、自分のニーズに合致する医学部予備校を選定することが一発合格を可能にする大きなポイントと言えるでしょう。予備校には色々な特色や得意分野があります、気になった予備校があれば一度資料請求をしてみるか面談に足を運ぶことも合格に繋がる第一歩だと思います。

自分にあった予備校探しの決定版は⇒http://医学部予備校.biz/

医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方

医学部予備校と大手で迷っている人へ

なぜ大手が人気?

駿台や河合塾は、医学部合格を目指す受験生にとって人気ですよね。
この2校の模試は絶対に外せなく、医学部予備校でも駿台と河合の模試は受験必須としているところがほとんどです。
なぜ、駿台や河合塾が人気かというと、圧倒的な医学部合格者数とその歴史でしょうか。
両予備校は親世代の大学受験時代から高い合格実績を誇る信頼感があります。
また、合格者数は医学部予備校には敵わない何千人規模。
やはり、この数字はインパクトが大きく魅力に感じる受験生も少なくないのではないのでしょうか?
都市部には校舎を設置し、市販の参考書の評価も高く、さらにはカリスマ講師と呼ばれる実力ある講師陣が多数在籍していることも、受験生の選択肢に必ず入ってくる理由と言っても良いでしょう。
家電や食料品もそうですが、やはり大手のブランド力は大きな安心感・信頼感を与えてくれます。

医学部予備校に不足なし

大手には魅力的なポイントが多いですが、それでも医学部予備校をおすすめする理由があります。
それは大手にはない学習環境や指導体制が医学部予備校にはあるからです。
では、医学部予備校にはどんなメリットや長所があるのかを確認していきましょう。

大手に匹敵する講師レベル

大手予備校に在籍している講師は優秀なイメージがありますが、医学部予備校も負けていませんん。
そもそも医学部予備校の講師はもともと大手で活躍していた人がほとんど。
今も大手と掛け持ちで医学部予備校の指導を担当している講師陣もいるほどです。
医学部予備校の講師は大手と違い医学部受験に専念して指導を行っているので、集中できる分情報量やノウハウも豊富
むしろ、医学部予備校のほうが医学部合格を目指すなら最適だと言えるでしょう。

医学部合格率が高い

大手の医学部合格者数には医学部予備校は敵いません。
しかし、合格率ならどうでしょうか。
大手予備校は、確かに合格者数は多いですが、不合格者数はもっと多いはず。
だって、合格率も高かったあら生徒獲得のアピール材料になるので絶対公表しているはずです。
でもしていないですよね
いっぽう、医学部予備校は合格率を公表しています。
合格率の高い医学部予備校だと7割、8割も珍しくなく、中には進学率まで公表しているところも
1000名の生徒がいて100名が医学部に合格する大手と、20名の生徒がいて15名の生徒が医学部に合格する専門予備校ならどちらを選びますか?

誰でも医学部逆転合格が目指せる

大手で医学部コースは選抜制であるため、誰でも在籍できるわけではありません
偏差値が低いと、理系の基礎コースから勉強を始めることになり、医学部に特化した対策ができないデメリットがあるので注意しましょう。
一方、医学部予備校の多くは学力に関係なく誰でも入学できます
つまり、偏差値50でも、40台でも最初から医学部合格に直結した指導が受けられるとうことです。
無駄なく効率よく誰でも医学部合格が実現できるのが医学部予備校の魅力と言えます。
したがって、医学部予備校では偏差値40台からの逆転合格者が毎年誕生しているのです。

理想的な学習環境を用意

医学部予備校は、大手と違い集団授業でも1クラス10名かの少人数を採用しているケースが多いです。
つまり、講師との距離が非常に近く授業中は集中できます
また、いつでも質問できるのも魅力で、大手のように質問だけで列を作って時間を浪費することもありません。
また、医学部予備校では校内12時間勉強を強制するなど厳格な学習管理を行う校舎が多いです。
嫌でも勉強時間を確保できるため、自己管理が苦手な受験生でも勉強することが可能で成績が伸びやすいのが特徴
自習室も専用固定席を生徒一人ひとりに提供しており、大手のように満席で自習室が使えないなんてこともありません。

あえて大手をおすすめする受験生のタイプ

旧帝や上位大学の医学部を目指せる受験生

大手予備校は、進学校出身の受験生が多く在籍しているため、やはり上位クラスは非常にレベルが高いです。
上位クラスは、大手予備校も力を入れて選りすぐりの講師や学習体制を整備しているので、質が高いことは言うまでもありません。
したがって、医学部予備校と比較して旧帝大学や私立御三家など上位の医学部には圧倒的な強さを誇っています
既に下位医学部なら模試A判定が取れる学力を有している受験生なら、大手の上位選抜コースに在籍することで難関医学部を目指すことが可能です。

自分のペースで勉強できる受験生

医学部予備校は良い意味で拘束されるため、嫌でも勉強できます。
しかし、自分で計画通りに勉強できる人にとっては窮屈だったり、息苦しさを感じたりするかもしれません。
医学部予備校の厳格な学習管理が逆効果になれば意味がありませんよね。
したがって、自己管理ができる受験生なら大手のほうが開放的で生徒任せのところも多いので、のびのびと快適に勉強できるかもしれません

コメントは受け付けていません。